2014年09月03日

『すべての謎は宮本武蔵親子鷹で解決する』宮本武蔵の父もまた宮本武蔵だった

 宮本武蔵は吉川英治の小説『宮本武蔵』で、この小説で日本史上最も有名な剣豪となりました。とはいえ宮本武蔵の事績を正確に残した資料はそれほど多くありません。そのため武蔵の実像については議論が絶えません。
 よく話題になるものには

生まれは播磨か美作か
関ヶ原の戦いは西軍だったのか
武蔵と戦った吉岡憲法は誰なのか
小倉にいた武蔵の父は平田無二なのか

などあります。議論になるのは残された資料をどのように解釈するのかで立場が変わってきます。本当の武蔵はどういう実物だったのでしょうか。

 おそらく播州の米田村で生まれ、幼少期に作州の宮本の新免無二に養子にいきます。平田武仁の子、新免無二はもともとは平尾といい牢人して宮本武蔵を名乗りました。宮本武蔵を名乗っていたときに、足利義昭公の御前試合で吉岡憲法と戦ったのです。のちに美作に戻り新免家に仕えます。新免家に仕えたあと、宮本無二を名乗り、黒田氏に仕官して新免無二を名乗るのです。

 武蔵は関ヶ原では九州で黒田如水の元で戦い、その後に吉岡一門と対決します。吉岡一門は宮本武蔵の父、新免無二が「宮本武蔵」を名乗っていた時御前仕合で負けたので遺恨があり、若い武蔵と吉岡清十郎が戦う事になったのです。

 宮本武蔵の生い立ちを現在手に入る資料を駆使して明確に浮かび上がらせる一冊です。吉岡と戦った勝った新免無二もまた天正期には剣術家として高名であり、息子の宮本武蔵も優れた剣術家、兵法家でした。吉川英治『宮本武蔵』副読本。2014年9月末までは99円です。



すべての謎は宮本武蔵親子鷹で解決するすべての謎は宮本武蔵親子鷹で解決する
上高地 仁 (著)

Kindle 購入価格: ¥ 99

本書では平田将監の子孫が平田武仁であり、平田武仁の子が後の新免無二であり若年のときに宮本武蔵を名乗っていたことを証明します。 新免無二もまた宮本武蔵同様の戦国末期の有名な剣術家だったのです。

新刊本の続きはこちらから


posted by jin-k0222 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お奨め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。