2014年11月23日

【2014/11/23】本日のKindle無料本、無料キャンペーン本『内輪もめ R・オースティン・フリーマン原作 When Rogues Fall Out 翻訳版 』

 Kindle無料本、無料キャンペーン本です。興味を持った書籍があれば、無料のうちにダウンロードしておいてください。2014年11月23日の16時迄は無料ですが、それ以降は有料になるかもしれません。パプリックドメインを含め常時無料のKindle本は対象にしていません。また同じ著者でおなじシリーズと思われる書籍は一冊だけ紹介しています。『内輪もめ R・オースティン・フリーマン原作 When Rogues Fall Out 翻訳版 』。他全5冊。



内輪もめ R・オースティン・フリーマン原作 When Rogues Fall Out 翻訳版内輪もめ R・オースティン・フリーマン原作 When Rogues Fall Out 翻訳版
リチャード・オースティン・フリーマン (著), 美藤志州 (翻訳)


本編の原題When Rogues Fall Outは直訳すれば「悪党が喧嘩をする時」ですが、ソーンダイク博士シリーズの中で、最も活き活きとストーリーが描かれ、スリリングに展開していく物語の一つとなっています。

無料本の続きはこちらから

誰も教えてくれない手術の話誰も教えてくれない手術の話
名月 論 (著)

(8件のカスタマーレビュー)

電子書籍「誰も教えてくれない手術の話」は現役脳神経外科医の著者がブログ「ある脳外科医のぼやき」に書き綴った様々な記事の中から「手術」に関する記事を凝縮し抽出したものです。

無料本の続きはこちらから

時空伝説 お吉と喜和子: ひとつの魂が、江戸から安政、そして昭和へと飛翔する時空伝説 お吉と喜和子: ひとつの魂が、江戸から安政、そして昭和へと飛翔する
鈴木麻里 (著)


カフェを経営する私は、旅先で具合が悪くなり、幽体離脱してしまう。そして時空を旅して見聞したことは、幕末の開国と外交に貢献した唐人お吉が実は昭和の女優、太地喜和子に生まれ変わっていたことだった。さらに私は時空を旅して、お吉がもともとは家康の側室、お万の方だったということも見てしまった。

無料本の続きはこちらから

チョコの聖者あるいはヘルメスについて: 他五編チョコの聖者あるいはヘルメスについて: 他五編
友瀬 通 (著)

(1件のカスタマーレビュー)

この本は、六編の小説からなる短編集です。土曜日の昼過ぎのコーヒーブレイク、あるいは紅茶とスコーンで過ごす爽やかな午後に、さらりと読んでもらいたいような本になっています。

無料本の続きはこちらから

食べログ化する政治〜ネット世論と幼児化と山本太郎〜食べログ化する政治〜ネット世論と幼児化と山本太郎〜
宮脇睦 (著)


政治マニアで軍事オタクでロリコン。彼らが創り出すのがネット世論。ネット選挙が盛り上がらなかった理由はここにある。そしてネットは政治家も有権者も「幼児化」させる。ネトウヨも放射脳も幼児化の徒花だ。

無料本の続きはこちらから





▲超オトクな数量限定Amazonのタイムセール



【本日の無料本の最新記事】
posted by jin-k0222 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の無料本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。