2014年11月02日

【2014/11/02】本日のKindle無料本、無料キャンペーン本『最後の客 (夢野白百合シリーズ)』

 Kindle無料本、無料キャンペーン本です。興味を持った書籍があれば、無料のうちにダウンロードしておいてください。2014年11月2日の16時迄は無料ですが、それ以降は有料になるかもしれません。パプリックドメインを含め常時無料のKindle本は対象にしていません。また同じ著者でおなじシリーズと思われる書籍は一冊だけ紹介しています。『最後の客 (夢野白百合シリーズ)』。他全12冊。



最後の客 (夢野白百合シリーズ)最後の客 (夢野白百合シリーズ)
時岡 創牙 (著), 小椋 祐介 (著)


お嬢様の白百合はもうすぐ16歳の誕生日、今年も盛大なパーティを開催するわ!!―そう白百合お嬢様が思いを巡らせていた。 が! しかし! 誕生日パーティの開催中に白百合へのプレゼントが何者かに盗まれたというのだ。 探偵の法務図は無事、犯人を見つけ出しプレゼントを取り戻す事が出来るのか!? 

無料本の続きはこちらから

虚無的アンダーグラウンド(007)虚無的アンダーグラウンド(007)
K(ケー) (著)


世界を構成する4元素の概念の登場。アンダーグラウンドの発端。いくつかの謎が明かされつつ、物語は進んでいく。それと同時に――この物語はようやく「はじまった」と言えるのかもしれない。新たなステージに向かって――

無料本の続きはこちらから

死刑囚今日も最期の日死刑囚今日も最期の日
折羽ル子 (著)


ホラー短編二本を収録!心臓の弱い方、お一人でお読みになる方はご遠慮ください。恐怖の幽霊騒ぎの顛末と、死なない男の延々エンドレスな死刑体験他、連載小説第三話「待合室の退屈」を収録。

無料本の続きはこちらから

夏目漱石論シリーズ(一)『坊つちやん』の性格形成と催眠暗示夏目漱石論シリーズ(一)『坊つちやん』の性格形成と催眠暗示
平成平太 (著, 編集)


夏目漱石の『坊つちやん』には漱石自身の性格形成の過程が隠されていました。 催眠暗示に関する書籍は多く出版されていますが,これまで歴史上の人物を対象にした性格形成の過程を前面的に明らかにしたものを知りません。偉大な漱石の実像をどうぞお楽しみください。

無料本の続きはこちらから

二代目猫又シロ吉、家を貸す: 雇われ店長奮闘記・上二代目猫又シロ吉、家を貸す: 雇われ店長奮闘記・上
皆月年魚 (著)


駅前の不動産屋の店長は洒落者だと近所では評判である。白のスーツに小花を散らしたシャツを粋に着こなし、パナマ帽の天辺からは三角の小さな尖った耳が覗く。店長がこれぞと見込んだ客には飛び切りの物件を紹介してくれる。もちろん曰く付き――。

無料本の続きはこちらから

マンガでわかる「愛と慰謝料の掟(ルール)~請求したい妻編~」マンガでわかる「愛と慰謝料の掟(ルール)~請求したい妻編~」
弁護士法人アディーレ法律事務所 (著)


夫がまさかの浮気・不倫をしていたなんて・・・幸せな家庭を壊したドロボー猫に「事の重大さ」をわからせるには? 読み応えのあるマンガや弁護士による解決事例のほか,あまり知られていないプラトニック不倫の裁判事例や,アディーレが独自に作成した『浮気度チェックリスト』など、役立つコラムも満載!

無料本の続きはこちらから

妙法蓮華経 (法華経)妙法蓮華経 (法華経)
伏見友貴 (著)

(1件のカスタマーレビュー)

鳩摩羅什訳『妙法蓮華経』は28品の章節で構成されている。後世の天台宗や法華宗一致派は両門を対等に重んじ、法華宗勝劣派は法華経の本門を特別に重んじ、本門を勝、迹門を劣とするなど相違はあるが、この教説を依用する宗派は多い。

無料本の続きはこちらから
あなたのこころをほんの少しだけ明るくする33のお話: ~気軽に読める哲学書~ B00HSP930S 81uFv2kGy1L stars-4-0._V45729814_.gif 4 本書は、私がこれまで読んできた多くの良書の知恵、知識の中で、実際に“役に立った考え方”を、33個のお話にしてまとめております。たったひとつでも、あなたのお役に立てる知識やこれまで知らなかった考え方を伝えられたら非常に嬉しいです。

教育のすすめ教育のすすめ
別海 昭太郎 (著)


この本は、『学問のすすめ』の主たるテーマである学問、教育について、福澤諭吉さんが現在の日本の教育をどのように見ているのか紹介します。そして、明治維新から約150年が経過した平成の時代の観点から、教育を見直し、問題点を洗い出し、新たな提案をしています。

無料本の続きはこちらから

小説「ら抜き言葉」禁止法: -みんなの《ららら》-小説「ら抜き言葉」禁止法: -みんなの《ららら》-
竜伝啓吾 (著)


それほど遠くない未来。日本語の乱れを我慢できない若き総理大臣・真木田(まきた)は、側近の官房長・中本とともに、「ら抜き言葉」禁止法を制定した。とはいえ、「ら抜き言葉」がどういうものであるのか、実のところ、ほとんどの日本人が理解していなかった。テレビ局でアルバイトをする女子大生の優美(ゆみ)も、「ら抜き言葉」に関する知識はほとんどなかった。そんな中、ついに「ら抜き言葉」が犯罪となる日を迎える。

無料本の続きはこちらから

お気楽論お気楽論
ぶんよう (著)


混迷する現代社会において、お気楽でいることは可能なのか。退屈を楽しめればお気楽である。リラックスするのに必要なものは何か。気分よく暮らすために、アタマとカラダを繋いでいるネジを緩めることを提案します。

無料本の続きはこちらから

午後のストーリー  第1巻午後のストーリー  第1巻
アナン (著)

(4件のカスタマーレビュー)

主人公の“私”は、独立系フィナンシャルプランナーとして個人事務所を構えている。午前中はおもに事務仕事をこなし、午後からは、予約制の相談業務に追われる日々を過ごしている。“私”と相談者は、投資や保険、それに住宅ローン等の相談中に、ふと脱線し、相談事とは関係ないことを話しだす。それは、小さな物語として、“私”の胸に刻まれてゆく。

無料本の続きはこちらから





▲超オトクな数量限定Amazonのタイムセール



【本日の無料本の最新記事】
posted by jin-k0222 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の無料本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。