2014年09月17日

1-1-1Kindleで売ったという実績を作れ![1-1 あなたにはKindle以外での申請は不要です]

 Kindleで成功するにはどうすればいいのでしょうか。Kindleで成功したい方だけ、お読みください。では「Kindleで成功する」というのはどういう意味でしょうか。その意味は人によって異なるでしょう。

電子書籍を売ってお金が欲しい
ベストセラーを書いて有名になりたい
タダでもいいから多くの人に読んでほしい

いろいろあるでしょう。



 まずは多くの人に読んでほしいと思うでしょう。無料でもダウンロードが増えれば有料で売りたいと思いますよね。有料でもできれば高い値段で売りたいと思うようになるでしょう。有料で売ってたくさんダウンロードされて、お金もザクザク入ってくれば言うことなしです。毎日KDPレポートを更新する度に有料の本のグラフが上に伸びていくのです。

昨日は65冊、今日は有料本82冊、やったね。

 たとえば一日数十冊売れる本がKDPセレクトで300円で販売(なぜ300円なのかはおいおい説明します)しているものだとすると、一冊あたりのロイヤリティは200円強。200円で100冊、つまり一日あたり二万円のロイヤリティになります。他の仕事は何もする必要がありません。Kindle本だけで食っていけます。そうなると小躍りしたい気持ちを抑えていても、レポートを開くたびに頬が緩んでしまうでしょう。そういう自分を想像してしてください。「やった」と心の中で叫んでたぶん体が熱くなってくるでしょう。ま、傍から見るとそれはちょっと気持ち悪いかもしれませんけどね。

 もちろん、それはただの「取らぬ狸の皮算用」です。そんなに簡単には売れるとは限りません。たぶん売れないでしょう。それが普通です。電子書籍を発刊してガンガン売れるのだったら、既存の出版社が指をくわえてみていませんよ。本当に売れていたら、必ずどこかからお声がかかります。そのためにはのまずKindleで売ったという実績を作る事が必要です。わかりますね。






▲超オトクな数量限定Amazonのタイムセール



posted by jin-k0222 at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kindleで勝つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。