2014年09月03日

【2014/09/02】新着ニューリリース『韓国人による恥韓論』他

 Kindleの新着ニューリリース本です。2014年9月2日にラインナップされたKindle本です。カスタマーレビューは本日時点のものです。雑誌は含まれていません。全5冊。


韓国人による恥韓論韓国人による恥韓論
シンシアリー (著)

Kindle 価格: ¥ 760

この国を支配している絶対的な力名を「反日教」という――これが、私の暮らしている国です1日10万PVを超える「シンシアリーのブログ」著者は、なぜ、社会的生命を賭してまで、自国の正体を暴露するのか凄まじいまでの修羅の妄執 韓国人は、もう「反日」がなければ生きられない!

新刊本の続きはこちらから


続きはこちらをご覧ください
posted by jin-k0222 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着ニューリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『すべての謎は宮本武蔵親子鷹で解決する』宮本武蔵の父もまた宮本武蔵だった

 宮本武蔵は吉川英治の小説『宮本武蔵』で、この小説で日本史上最も有名な剣豪となりました。とはいえ宮本武蔵の事績を正確に残した資料はそれほど多くありません。そのため武蔵の実像については議論が絶えません。
 よく話題になるものには

生まれは播磨か美作か
関ヶ原の戦いは西軍だったのか
武蔵と戦った吉岡憲法は誰なのか
小倉にいた武蔵の父は平田無二なのか

などあります。議論になるのは残された資料をどのように解釈するのかで立場が変わってきます。本当の武蔵はどういう実物だったのでしょうか。

 おそらく播州の米田村で生まれ、幼少期に作州の宮本の新免無二に養子にいきます。平田武仁の子、新免無二はもともとは平尾といい牢人して宮本武蔵を名乗りました。宮本武蔵を名乗っていたときに、足利義昭公の御前試合で吉岡憲法と戦ったのです。のちに美作に戻り新免家に仕えます。新免家に仕えたあと、宮本無二を名乗り、黒田氏に仕官して新免無二を名乗るのです。

 武蔵は関ヶ原では九州で黒田如水の元で戦い、その後に吉岡一門と対決します。吉岡一門は宮本武蔵の父、新免無二が「宮本武蔵」を名乗っていた時御前仕合で負けたので遺恨があり、若い武蔵と吉岡清十郎が戦う事になったのです。

 宮本武蔵の生い立ちを現在手に入る資料を駆使して明確に浮かび上がらせる一冊です。吉岡と戦った勝った新免無二もまた天正期には剣術家として高名であり、息子の宮本武蔵も優れた剣術家、兵法家でした。吉川英治『宮本武蔵』副読本。2014年9月末までは99円です。



すべての謎は宮本武蔵親子鷹で解決するすべての謎は宮本武蔵親子鷹で解決する
上高地 仁 (著)

Kindle 購入価格: ¥ 99

本書では平田将監の子孫が平田武仁であり、平田武仁の子が後の新免無二であり若年のときに宮本武蔵を名乗っていたことを証明します。 新免無二もまた宮本武蔵同様の戦国末期の有名な剣術家だったのです。

新刊本の続きはこちらから


posted by jin-k0222 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お奨め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2014/09/03】本日のKindleコミック無料本、無料キャンペーン本『姫君の条件』他

 Kindleコミック無料本、無料キャンペーン本です。2014年9月3日の16時迄は無料ですが、それ以降は有料になるかもしれません。パプリックドメインを含め常時無料のKindle本は対象にしていません。また同じ著者でおなじシリーズと思われる書籍は一冊だけ紹介しています。『姫君の条件』他全7冊。


姫君の条件 1 (花とゆめコミックス)姫君の条件 1 (花とゆめコミックス)
朔野安子 (著)

(2件のカスタマーレビュー)

王になるために強い精霊の守護を求めて、相変わらず奮闘中のダリアン姫。兄嫁候補としてやってきたカロリン姫と仲良くなるが、突然出現した「虚無の淵」に落ちてしまい…!アーロン王子の学生時代や幼き日のキールを描いた読みきりも収録!

無料本の続きはこちらから


続きはこちらをご覧ください
posted by jin-k0222 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のコミック無料本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2014/09/03】本日のKindle無料本、無料キャンペーン本『葬送最前線2: 生について』他

 Kindle無料本、無料キャンペーン本です。2014年9月03日の16時迄は無料ですが、それ以降は有料になるかもしれません。パプリックドメインを含め常時無料のKindle本は対象にしていません。また同じ著者でおなじシリーズと思われる書籍は一冊だけ紹介しています。


葬送最前線2: 生について [Kindle版]葬送最前線2: 生について [Kindle版]
刈草 亜美 (著), FUMITOSHI (イラスト)

(2件のカスタマーレビュー)

納棺師 刈草亜美が日々の業務を通し感じる事。たどり着いた答えは人として、自分として人に活かされ生きる事だった。 死とはなんなのか? 誰にでも訪れることなのに、とても疎遠になっている現代。 作中では多くの生を終えた死が書かれ、それらを通して「生きる」ことを書いた納棺師の日々の物語。

無料本の続きはこちらから


続きはこちらをご覧ください
posted by jin-k0222 at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の無料本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2014/09/02】本日のKindle日替わりセール『「パレスチナが見たい」』

 毎日一冊Kindle本の人気作・注目作を特別価格でご提供するのが「Kindle日替わりセール」です。本日9月2日のみの特別価格です。特別価格は午前0時00分から午後11時59分(日本時間)までの間のみ有効となります。カスタマーレビューは本日時点のものです。本日はパレスチナに住むふつうの人々のふだんの生活を活写する『「パレスチナが見たい」』です。


「パレスチナが見たい」 [Kindle版]「パレスチナが見たい」 [Kindle版]
森沢 典子 (著)

Kindle 価格: ¥ 299
(9件のカスタマーレビュー)

幼稚園の先生が見た「パレスチナ」パレスチナの人々は、家を壊され、家族を殺されても、翌日には花を植え、冗談を飛ばし、大声で笑う。武力で脅されても、この土地から動かないこと。そして子どもたちの教育をつづけること。それが私の見たパレスチナの「インティファーダ」だった。

日替本の続きはこちらから

  
posted by jin-k0222 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の日替わりセール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。